最新の投稿
薬を飲んでいる女性

人間の身体には色々な種類の微生物が生息しており、常在菌の名称で知られています。微生物は人間の生命活動にとって有益な滑動をみせる乳酸菌などの腸内細菌をはじめ、病原性をみせる大腸菌なども知られていますが、それぞれ異なる性質をもっているのが特徴です。中には常に有害な滑動をみせるとは限らない日和見菌と呼ばれる種の微生物も存在しています。代表的なものにカンジダがありますが、これは水虫の原因菌である白癬菌などと同じカビの一種の人体の色々な組織に分布している微生物です。皮膚を初め口腔粘膜や消化管・性器粘膜などどこにでも分布しています。

カンジダは疲労蓄積や発熱などの消耗症状などが出現することで、免疫力が低下することで微生物同士のバランスが崩れたタイミングで増殖を開始し、様々な症状を引き起こします。特に、炎症症状などが発生する頻度が高いのが女性器になります。成熟した生殖能力のある膣には、カンジダにとって栄養素になるグリコーゲンが豊富で常に一定の体温と水分が存在しており、カビの一種のカンジダにとっては絶好の生育環境を提供することに。そのため免疫力が低下するタイミングで爆発的な増殖を引き起こし膣カンジダを発症するわけです。

幸い確かな効果が認められたカンジダ治療薬は外用薬などの形で販売されていますが、クリームや軟膏の使用では十分な治療効果を見込めない可能性があります。なぜなら膣という女性器の魁皇学的特性からクリームや軟膏だけでは膣の奥深く子宮頚部に至るまでの箇所に、塗布するのは困難な側面があるからです。そこで膣の特性をふまえたカンジダ治療薬として投与される機会が多いのが、カーネステン膣錠になります。見た目は錠剤タイプではあるものの、直接膣内に留置すると言う方法で投与する特徴があります。カーネステン膣錠は膣内に直接とどめ置くことで、体内で溶解し膣内部の炎症箇所も含めて、くまなくカンジダの成長増殖を阻害し、炎症症状を沈静化し膣カンジダの治癒につなげます。ただしカーネステン膣錠を使用するときは、投与期間を順守ししっかりカンジダ菌を殺菌することがポイントです。つまりカーネステン膣錠の投与期間は連続して6日間忘れないで投与することが必要になります。カーネステン膣錠は体内で8日すると液体に変化して体外に出ていく薬なので、日中のアクティブな状況では有効成分を膣内にとどめ置くのが難しくなります。そこで就寝前にカーネステン膣錠を挿入・留置するのが効果的です。