英検・TOEIC・TOEFL、どれが一番アピールできる?

英検・TOEIC・TOEFL、どれが一番アピールできる?

英語能力を示すために、英検・TOEIC・TOEFLを受験しよう!

しかしどれを受けるのが一番就活で有利なんだろう?

TOEICはリスニングとリーディングだけみたいだけど、他の試験ではスピーキングとライティングもあるみたいだし勉強も大変そう…。

そこで本当に就活でTOEICが有効なのか、少し気になったので調べてみました!

セレン式TOEICメゾッドHPへ

就活にはTOEICが有利!

先に結論から申し上げると、上記の試験で最も就活に有利なのはTOEICのようです。

日系企業の7割りが採用時にTOEICスコアをチェックしており、英検のように級ごとの括りがないため、単純に評価がしやすいという理由だそうです。

また調べてみて驚いたのですが、600点から履歴書にアピール材料として書くことができ、700点以上のスコアであれば、もう英語に強い人材と見なされるようです。

だとしたらセレン式TOEICメソッドの目標とする800点はかなり高い評価が得られそうですね。

ちなみに私の知人は、国内大手の誰もが知る自動車メーカーに勤めていますが、管理職へ昇進するためにはTOEIC720点が必要になるみたいです。

どんなに優秀な人材でも、英語が出来なければ出世が頭打ちになるとのことなので、それほど評価ポイントも高いということですね!

TOEFLや英検は評価されないのか?

TOEICは日本で就活する人向けですが、世界で活躍したいと思えばTOEFLを受験するのがおすすめです。

TOEFLで高スコアを取れるようになれば、リスニングもスピーキングもこなせる、つまり英会話も申し分ないということになり、アメリカの一部の大学では入学試験もパスできるほどの効力を持っています。

また英検は受験や進学のために利用されるケースが多く、その理由としては多くの教育機関が、入試において英検の級位で加点制度を設けているからです。

一方で難易度の割に就活のアピール材料としては不人気で、同じ英語を学習するのであれば科目の少ないTOEICを攻めようという人が多数派みたいです。

ちなみに最も難しい英検1級は、難易度もかなりハイレベルで、ネイティブ並みの言語能力が求められます。

セレンさんは英検1級も一発で取得されたとのことで、もう本当に英語のスペシャリストって感じですよね!

セレン式TOEICメゾッドHPへ
TOPページを見る